森の学校では、随時、生徒の参加を待っています


森の学校関連の情報を掲載します。
戻る


 子供達が、自然の中で生活し、学ぶことの大切さを考え、  1970年に「森の学校」を開設しました。

 丹沢は、東京や横浜から、わずか50`の場所ですが、シカやクマなど大型ほ乳類や、 ムササビ、ヤマネなどの小型ほ乳類が棲息し、渓流にはヤマセミ、モミ自然林では日本最大級 の大型猛禽類クマタカを見ます。
 様々な生物の存在から、「生命の繋がり」の大切さを知ることができます。

 森の学校では、野生生物の生態や役割を学ぶことで自然の仕組みを知ります。
 そして、動物や植物の生活史を通して、人間との関わりを知る事ができます。

 近年、丹沢は、都会の様々な影響を受け「ブナの立ち枯れ」などに見るように、 自然環境の荒廃が危惧されています。しかし、その中でも、900万人に近い県民の水を育み、 生物の生活を見る事ができます。

丹沢の自然を体感しよう
自然環境を学ぶこと、いちばん大切なことは、
自然に対する「やさしさ」です。

丹沢を知り尽くした先生方が、難しい知識も解かりやすく話します。


過去の森の学校の様子
2017年(夏)> <2017年(春)> <2016年(冬)> <2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年

森の学校「春の教室」
PDF ダウンロード(163KB)




森の学校・2017年 冬の教室 活動報告


 1.森の性格、森の役割。動物の糞を見つけたり、鳥の巣を見つけたり。
   スッテンコロリンしながらの森歩き、楽しかったね。上ノ丸ピークで全員集合
  

 2.休憩時間も川原で遊ぶ。
  

 3.初めて持った大きなノコギリ「俺に任せとけ」
  

 4.木と木の間に上手く倒すため、みんなで力を合わせる。
  

 5.森歩きは歩くより滑った方が早い。
  

 6.動物の糞分析。オエ〜!気持ち悪〜。
  

 7.始めたらいっしょけんめい。これ種?これ葉っぱ?
  

 8.種を集めて食べちゃうなよ。
  

 9.色々な種が出て来たぞ。
  

 10.糞から拾い出した種を土に埋め、上に枯葉をかぶせました。
  

 11.シイタケ植菌。穴を開けるのはお兄さん達。大学の勉強より難しい。
  

 12.お母さんに手出しさせない。学齢前参加の華ちゃん。
  

 13.お餅つき、まず校長先生がお手本。だいじょうぶ?明日腰が痛くなっても知らないぞ。
  

 14.お昼ごはんは搗き立てのおモチ。
  

 15.食べるために搗くんだよ。頑張れ〜。
  




森の学校「冬の教室」

PDF ダウンロード152KB)





「森の学校」は、随時参加者を募集しています。
参加資格は小学4年生〜中学1年生です。
(卒業生は年齢資格に限りません)
学齢前でも保護者がついていれば参加できます。

・問い合わせ・申し込み
 丹沢自然保護協会・丹沢ホーム(中村)まで。


過去の森の学校の様子
2017年(夏)> <2017年(春)> <2016年(冬)> <2016年(夏)> <2016年(春)> <2015年(夏)> <2015年(春)> <2014年(冬)> <2014年(夏)> <2014年(春)> <2013年(冬)> <2013年(夏)> <2013年(春)> <2012年(冬)> <2012年(夏)> <2012年(春)> <2011年(冬)> <2011年(夏)> <2011年(春)> <2010年(冬)> <2010年(夏)> <2010年(春)> <2009年(冬)> <2009年(夏)> <2009年(春)> <2008年(夏)> <2008年(春)> <2007年